ベトナムのビール市場がアツい!?

「泡立つベトナム、ビール市場 消費量アジア3位に、各社増産躍起」

ベトナムのビール市場が急成長を続けている。同国商工省は2010年のビール国内消費量が約24億リットルに達したと発表した。 03年の約13億リットルから平均8.7%の勢いで増加し、7年間で2倍近くに膨らんだ。

◆7年間で2倍に膨張
 この間、同国の経済成長率は年平均7.3%、1人当たり国内総生産(GDP)は約490ドル(約4万1190円)から約1160ドルに伸びた。好景気を背景に所得が上がり、日常的にビールを楽しむ人が増えているほか、観光産業も発展して外国人観光客の増加に伴う観光地でのビール消費量も増加している。
 キリンホールディングスが毎年発表している世界主要国のビール消費量調査によると、ベトナムは年間消費量で06年にフィリピンを抜き、08年にはタイを上回って東南アジア諸国連合(ASEAN)でトップに躍り出た。09年はアジアで中国、日本に次ぐ3位、世界でも前年の20位から15位に順位を上げるなど、目を見張る躍進ぶりだ。
 外資系ビール各社は、ベトナムの市場拡大が今後も続くとみて、相次いで増産に乗り出した・・・
 国内メーカーも負けていない。国内最大手で約35%のシェアを握るサイゴン・ビール・アルコール・ベバレッジのグエン・クワン・ミン社長は「昨年、前年比21%増の11億リットルを生産した。今年も20%の成長を見込んでいる」と述べて、増産をにおわせた。

 ◆覇競う内外メーカー
 シェア約25%で国内2位のハノイ・ビール・アルコール・ベバレッジは、今年1月に4200万ドルを投じ、年産5000万リットルのデンマークブランド「カールスバーグ」製造工場を稼働させた。昨年の生産量は前年比31%増の6億リットル。新ブランド投入でさらなるシェア拡大を図る方向だ。
 商工省は、今年の年間消費量について、過去最高の28億リットルを突破するとの予想を発表した。同省の幹部は海外ブランドの進出や、相次ぐ増産などで国内市場の競争が激しくなる現状を「消費者の選択の幅が広がる」と歓迎する見解を示している。

(記事ソース → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110403-00000004-fsi-bus_all )


ベトナム人は本当にビールをよく飲みます。

日本ではあまり考えられませんが、接待の様な形で平日のお昼からでも普通に飲みます。

個人的な印象ですが、ホーチミンのレストラン等で最もよく飲まれているのがタイガービール、それに続いてハイネケンという感じでしょうか。

国内ブランドでは「333」や「サイゴンビール」が多く、これらは観光客にも人気があるようです。

ハノイでは「ハノイビール」や「ハリダ(HALIDA)」が多いでしょうか。

中部では「フーダ(FUDA)」や「ラルー(LARUE)」と、地方によっても飲まれるブランドが異なります。

タイガーやハイネケンに関しては、全国どこでも飲まれていますね。


また、ベトナムには「ビアホイ(Bia Hoi)」と呼ばれる発泡酒をさらに薄めたようなビールもあります。

値段は安く、それを出す屋台・食堂のことをそのまま「ビアホイ」と呼び、生ビールの感覚で樽からジョッキに注がれます。

中・高所得層の人はタイガーやハイネケン、低所得層の人はビアホイという形でしょうか。


ちなみにベトナム株のビール関連銘柄には、次のようなものがありますが、いずれも規模が小さく、ハノイ証取に上場しているということもあり、あまり知られていないかもしれません。

【ハノイ証券取引所】
HAD (ハノイ・ハイズオンビール)
HAT (ハノイビール商業)
THB (タインホア・ビール)

ベトナムのビール大手では、上の記事にも出てくるSABECO(サイゴンビール・アルコール飲料総公社)とHABECO(ハノイビール・アルコール飲料総公社)が有名です。

日本でいうキリンやアサヒといったところでしょうか。

しかし、いずれもまだ上場していません。

知名度、人気度、将来性のいずれもトップクラスなだけに、上場が待ち遠しい銘柄の一つです。



-----------【ベトナム進出の前に読んでおきたい一冊】-------------------------------

早わかり ベトナムビジネス (B&Tブックス)早わかり ベトナムビジネス (B&Tブックス)
窪田 光純 ベトナム経済研究所

日刊工業新聞社 2008-10
売り上げランキング : 213723

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

---------------------------------------------------------------------------



star「ベトナム株ブログ」のランキングに参加しています。star
 みなさん、こちらをクリックで応援よろしくお願いします!!
 ↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

その他のブログランキングでも健闘中です!
↓↓↓
人気ブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

ベトナムでのアテンド・通訳はこちら
プロフィール

ベトどう

管理人:ベトどう
2016年も懲りずにベトナム株を追い続けます。
証券会社とのパイプと得意のベトナム語を武器に、ベトナム株に関する最新情報を現地から発信します。
ベトナム株に投資する・しないは本人次第。いずれにせよ、まずは「知ること」が大事です。
このブログがそんな皆さまの助けになれば幸いです。

ベトナムの現地の様子をリアルタイムでつぶやくツイッターはこちらです。

ベトナムドン為替レート
【公式レート】(Vietcombank)
1USD = 22,265~22,335ドン
1JPY = 214.79~218.90ドン

(2016年8月30日現在)
広告スペース


おすすめ商品
カテゴリ
お問い合わせはこちらから
お問合わせはこちらのアドレスへ。
相互リンクもお待ちしております。

vietnamkabuhelp☆gmail.com

☆は@に変更してください。
世界の株価指数

ベトナム関連 おすすめ書籍
ベトナムのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)福森 哲也

明日香出版社 2010-11-21
売り上げランキング : 6072


最新記事
ブログ内検索フォーム
最新情報 on twitter
外国株ブログのリンク
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
SEO対策:ベトナム::株式投資:ホーチミン:ハノイ:ベトナム株